HOME | 施工事例 | 木の格子のあるスクエアなフォルムの大空間リビングの家 I様邸

瑞浪市明世町I様邸

木の格子のあるスクエアなフォルムの大空間リビングの家

スクエアフォルムの外観
 
敷地面積  371.6㎡( 112.41坪)
床面積  134.97㎡( 40.82 坪)  1F 78.25 ㎡  2F 56.72 ㎡
正面から見るスクエアなファサードと2階部分に木を貼った外観が特徴の住宅です。
玄関ポーチ部分は木の格子で目隠しをしてアクセントになっています。
1階のリビングは、SE構法ならではの、勾配天井と吹き抜けのある広々とした気持ち良い空間です。そしてリビングに繋がる小上がりの和室は、吊り押入れの赤い建具が目を惹きます。
ダイニングキッチンの上は吹き抜けとロフトスペースになっていて、そこからバルコニーにも出れる動線のプランニングとなっています。
床も深めの色の無垢材で、大空間ながら全体的に落ち着いたテイストの家となりました。
次の施工事例

施工事例一覧